オープニング

オープニング

何事も新しくはじめるのはとてもわくわくします。

チャレンジするには

壁を感じることです。壁を感じると最終的には壁がなかったことがわかります。実際には計画を立てたとしても計画通りには行きません。計画通りに行かせることではなく、その過程こそが人生ということがわかります。

 

化学反応を楽しむ

僕は初めてお会いした人がいるとすると、何かご一緒できるかと考えます。そりが合えばです。それはその人の個性と自分の個性が合わさると何ができるかとワクワクするからです。何かをはじめる時にうまく行く場合というのは自然とうまくいきます。不自然な部分があるとやはりどう頑張ってもうまくいきません。不思議です。

 

自然を感じる

政木さんはすでに故人ですが、僕にとっては真理とはなにかと感じさせてもらえる貴重な方です。人間は本質的に感じられる動物的感覚が退化している部分があるかもしれません。瞑想や写経が昨今不可欠な存在として脚光を浴びているのは知らず知らずそれらが不可欠なものとして受け入れられているからかと思います。