日本はベーシックインカムを導入すべき

日本はベーシックインカムを導入すべき

昨日のエントリーからタイムリーな話題がありました。

 

オランダでベーシックインカムを試験的に導入

オランダのユトレヒトでベーシックインカムを試験的に導入するそうです。

http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12045152655.html

最近オランダでは日本人の就労ビザ発給が劇的に緩和されたことでも話題に上りました。こういったことを先進的に導入することができるのは非常に国として有望だと思います。ただ、その反面においては試験的にでも導入すべき時がきているということでもあると思います。

 

食うためのお金を稼ぐために働くこと

今の日本の社会には「働いてお金を稼がないと食っていけない」という恐怖や不安を糧に、それを克服するために働いているという側面があります。でも実際には生活保護の制度もあり最低限度の生活を営む環境があり、餓死するということはほとんどの場合ありません。つまり現実的には特に不自由なく暮らしているはずなのに、僕たちは不安定感をあえて生活に反映しているという場面もあります。

 

幸せは今ある中から選択する

このブログでは常に触れていますが、幸せは今感じるものです。お金はいっぱい稼いでも良いし、稼がなくても良い。お金自体はただ中立な存在です。僕たちが欲しているのは満たされない思いを満たしたいということ。でも、実はすでに満たされているはずでそれを敢えて選択してないだけ。

 

おすすめの動画

本当は不安で生きるも、安心して生きるも一緒です。ただ、自分が今在る状態をどっちと考えるかだけ。そんなことがベーシックインカムを起点にしてどんどん浸透していくのでしょう。