Good

自己肯定力の強い人に強い引力が働く

自信のある人に人は魅きつけられます。

これはいつの時代もそうです。

 

自己肯定力が大切

「自信」=「自己肯定」です。自己肯定をするというのは、自分を認めてあげることです。認めてあげると言っても、それぞれに悪い面と良い面が思いつきますよね。ではどのように考えれば良いのか。

例えば、悪い面に関しては

時間が守れない → 集中力がある

落ち着きがない → 運動が好き

飽き性 → 好奇心旺盛

などと考えます。

 

実は良い面の方が受け入れるのが難しい

自分の悪い面はどちらかというと認識しやすいので、比較的前述のように考えるのはできるかもしれません。

でも、自分の良い面というのは案外思いつかない人もいるのではないでしょうか。これは普段より自己肯定感を低くしてしまっていることの証左です。

なかなか思いつかない人は友人や家族に自分の良い面を聞いてみたり、僕のようなコーチにコーチングを依頼するのも良いと思います。

 

自己肯定感を持つのに根拠はいらない

よく自信を持つのに根拠はいらないといわれますが、まさにその通りです。

根拠を必要とする自己肯定感であれば、その根拠が崩れた時に自己肯定感も低くなります。

それは砂上の楼閣のようなもの。

であれば、最初から自己肯定を高く保つことをすれば良い(=自信をもつ)のです。

 

自己肯定感が高まれば高まるほど人生はうまくいく

「小さな成功を積み重ねろ!」とよく言われますが、これも自己肯定感を高めるためです。

また、ヨーガや呼吸法、瞑想なども自己を客観視し引いては自己肯定感を高めることに繋がります。

僕の好きな中村天風さんもまさにそのことを時続けた人だと僕は解釈してます。

成功の実現

 

 

在り方が大切

すでに何回もこのブログに出てきてますが、在り方が大切です。

常に自己肯定感の強くなる在り方を意識しましょう。