大前研一氏の名言を僕なりに再定義してみた

大前研一氏の名言を僕なりに再定義してみた

世界的に有名な元経営コンサルタントの大前研一さん。

彼の名言とも言えるこちら。

人間が変わる方法は3つしかない。ひとつ目は時間配分を変えること。ふたつ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的なのだ。もっとも無意味なのは、『決意を新たにする』ことだ。行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

ズバリ、上の太字部分が間違ってます。

外部環境を変化させる前に決意は新たになっている

因果関係はこう。

因)決意が新たになる → 果)時間配分が変わる

因)決意が新たになる → 果)住む場所が変わる

因)決意が新たになる → 果)付き合う人が変わる

3つの方法全て決意が新たになっているからこその変化です。

決意を新たにすることで人は変わる

人は決意を新たにすることで変わります。ただ、それは外的な要因に起因します。

主なものでいうと、貧困、死、いじめ、など。

人間は関係性(外部要因)から自分を認識し、決意を新たにし(内的動機付け)、周りが変化しはじめます。

僕が再定義すると

人間が変わる方法は1つしかない『決意を新たにする』ことだ。

以上。笑

要するに、「決意を新たにすること」=「人間が変わること」です。

自分の本心に従えば良い

シンプルに自分の気持ちに素直になれば良い。

現状を変えようとするのではなく、自分のあり方(決意を新たにする)を変えるということです。

自分のあり方が変われば、行動を変える必要すらありません。

簡単な例で言うと、自分の気持ちが晴れている時と曇っている時と人に対する接し方は変わります。

それと一緒です。つまり、自分のあり方を常に良い状態でいることが大切です。

 

最後に本の紹介

ジョブスも敬愛したヨガナンダ。

昔からおすすめしてますが、この本は素敵です。

あるヨギの自叙伝
あるヨギの自叙伝

posted with amazlet at 15.04.10
パラマハンサ・ヨガナンダ
森北出版
売り上げランキング: 6,875