コラボの楽しさはやめられない

コラボの楽しさはやめられない

今は個性が活かしやすい世の中になっていると思いますし、個性をより活かす方向に行くべきだと思います。

 

個性を最大化する

いつも同じこと書いている気がしますが、組織においても個性を最大化させることから組織の力が最大化されると思います。ただし、そこには触媒になり潤滑油となる人がいてこそだと思います。僕個人的には人を繋げたり組織を繋げたりするのが自分の役目の一つであると思ってます。感覚的に合う合わないを見つけるのが得意なほうだと思ってます。ただ、繋げる役割ですが細かな調整は苦手です。

 

コラボを加速する

場所、国籍、民族、個人、組織問わず自分が活動する中でどんどんいろんな形でコラボを加速していきたいと思います。もちろん無理矢理ではなく、感覚の合う人とですが。そして自分の表現の幅を広げていき、皆がハッピーになる仕組みを作ることに知恵を出し合ってやっていきたいと思います。書道家であり、起業家ということで比較的領域の異なる人たちと交流させていただく機会が多いですが、そういったところも僕が触媒となる上で大切な部分です。

 

楽しみを前提とする

必ず自分が楽しめるということを前提に活動をします。社会的な課題解決ですら、それをすることで自分が役に立てているという自己満足的な要素だけではなく、やっていること自体が楽しめることが大切だと思ってます。楽しみを見出すことに関しては努力を惜しまないようにしていきます。

 

最終的には行き着くところに行く

なんだかんだで結局はその人が思っているような人生になるのは間違いありません。どんなに遠回りに思えることでも実際にはどんどん近づいているはずです。そしてそう思うことでいろんなことがより加速するでしょう。安心して自分を前に進ませてあげることが大切だと思います。