マレーシアに移住して3年

マレーシアに移住して3年

昨日でマレーシアに移住してから3年の月日が経ちました。フェイスブックで3年前の今日というのを表示する機能があってハッと気づきました。

 

あっと言う間の3年

いつも見切り発車で人生を作ってきましたが、マレーシアに来るのもノリでした。妻もアメリカの大学を卒業しているので英語の環境にはそれほど抵抗はなく、子供が1歳になるので移動しても良いかなと。

 

マレーシアを選んだ理由

英語が通じる環境、いろんな国の方が多いので寛容、経済発展が著しい東南アジア、ある程度の治安が保たれている、政治的にも比較的安定しているなど。

外向きの理由はたくさんありますが、最終的にはフィーリングです。やっぱりマレーシアに移住してよかったと思います。車社会なので、当初はタクシーのぼったくりだけはなんとかして欲しいと思ってましたが、Uberが現れその心配は全くと言っていいほどなくなりました。まさにイノベーションですね。

 

日本人を代表するという意識

当初は「日本人を代表して一旗上げてやる」と意気込んでいましたが、その考えもなくなりました。

こちらにいると分かるのですが、シェアするという考え方がとても行き渡ってます。これは自分の周りだけなのかもしれません。どこの国の為以前に国籍問わず周りの人たちで一緒に豊かになっていくという発想です。本当の意味での豊かさの発想です。

 

誰かが得ると誰かが損をするという発想

これは貧困な発想です。ミクロでみてゼロサムの世界は存在しますが、マクロで見ると全体は豊かさで満ちてます。どうしてもそこにこだわって苦しんでしまう人は視点をあげると良いと思います。

 

経済規模で測らない世界

経済的な規模やマーケットの規模などのいわゆる資本主義的な尺度で世の中が動いていると感じていればそのような世界が見えるでしょう。ただ、そういった視点ではなく自分の尺度をもってやりたいことをやりたい場所でやることこそがいくべき道だと僕は考えます。

 

国にこだわりはない

今たまたま縁があってマレーシアにいますが、これからどこの国にいくかはわかりません。僕の場合、フィーリングが合う国であればどこでもいくことになるとおもいます。特に今興味があるのはアメリカ西海岸、イスラエル、イタリア、オランダ、ドイツ、ロシアです。行ったことのない場所で知らない人に出会い、そこで何かが生まれるということを想像しただけでワクワクしますよね!

 

このブログを通してどんどん繋がる

このブログにピンときた人がいれば気軽にご連絡ください。特に人生を前向きに楽しんで行きたいという人たちと繋がり楽しいことをたくさん経験できればと思います。