なぜか縁のある医療業界

なぜか縁のある医療業界

僕は新卒で歯科のコンサルティング会社に入ってその会社を退社の後は、先生からの相談があればお手伝いをしてきたこともありますが、特に医療業界にいたわけではありません。

 

マレーシアの医療業界

マレーシアは東南アジアにおいてはシンガポールやタイなどと並び医療先進国です。メディカルツーリズムの受け入れ国としても認知度が上がってきてます。そんなマレーシアにおいて最近は日系の医療機関や日本人の先生たちが研修をしにくるケースが増えてきました。やはり日本とはだいぶ勝手が違うようです。

 

実力主義の医療現場

マレーシアの有名私立病院システムとしては病院は部屋や施設貸し、医師はその場所や施設を借りてパフォーマンスをする個人事業主のような感じです。ちょっと言い方が適切でないかもしれませんが、日本より病院に対する帰属意識が薄いシステムです。その代わりそれぞれの医師のパフォーマンスが全てで評判の悪い人は契約を切られてしまうこともよくあります。これはシビアですが、医師としては適度な緊張感を持ちつつ自己鍛錬に余念がないため忙しい中、よく勉強しているなぁというほど知識のキャッチアップが早いです。

 

医師はインド系が多い

マレーシアの有名私立病院には医師や看護婦にインド系が多いです。中華系もかなり多くいますが、マレー系は少ないです。日本人のイメージ通りインド系は医療に強いというのは民族的なことなのでしょうか?!

 

日本の医療現場

日本は高齢社会ですので、目下の課題としてこれからの世界の医療を牽引していく立場にあると思います。ただ、日本国内の医療制度によりどうしても報酬の伸びに限界があるため、病院経営との両立が難しい環境にあります。また、歯科医院においてはすでにクリニックの淘汰が進んでおります。

 

海外への活路

まちがいなく東南アジアにおいては日本の医師が活躍できる土壌があると思いますし、双方向のノウハウ共有によって世界の医療現場のボトムアップにつながると思います。一つネックなのが日本の医師免許が海外において使えるケースは少ないため、その点をどのようにクリアしていくかも課題です。ただ、その点に関しては施述はしないにしても現場を知る立場だからこそのケアができる経験豊富な医師や看護師は世界レベルの舞台にどんどん出て行くべきだと思ってます。言語というハードルも通訳者をつけたり工夫をする必要がありますが。

 

日本は積極的にノウハウ共有すると良い

医療業界に関わらず、日本の持てるノウハウは積極的に世界に共有していくべきだとおもいます。しっかりと対価ももらうべきです。IPも大切ですが、基本的には損しても良いから最終的な人のためにやりたいことをスピードもってやっていくべきだとおもいます。